検査項目:その他分析
腸内細菌検査(検便)
検便検査は、食品衛生法や労働安全衛生規則を遵守し、食中毒を未然に防止するのに重要な役割を果たしています。平成20年6月には、厚生労働省より大量調理施設衛生管理マニュアルの改正も行われるなど、食品調理従事者はもちろんですが、保育所・老人福祉関係施設職員、水道事業者においても、日頃から健康管理と衛生管理に努めなければなりません。

検便検査では、赤痢菌、サルモネラ菌、腸チフス菌、パラチフス菌、腸管出血性大腸菌O157 等の検査を実施しております。
検 査 項 目 名
納 期
赤痢菌
2〜7営業日
サルモネラ
腸チフス菌
パラチフス菌
腸管出血性大腸菌O157
※腸管出血性大腸菌O28、O111の検査も実施しております。
※詳しくはお問い合せください。

腸内細菌検査(寄生虫卵)
海外、特に発展途上国などではごく当たり前の病気として未だに大きな勢力を誇っています。
日本国内では、衛生状態が良くなり寄生虫は少なくなっていますが、海外からの輸入品、無農薬野菜の流行と共に最近では、徐々に増加の傾向が見られます。

寄生虫卵検査では、便を採取して顕微鏡で虫卵の有無を調べます。
検 査 項 目 名
納 期
寄生虫卵
2〜3営業日
※詳しくはお問い合せください。

ページの先頭へ